組合行事・ニュース

バックナンバー

2019年05月25日NEW

第49回戦没・殉職船員追悼式

第49回戦没・殉職船員追悼式

 

5月15日 神奈川県立観音崎公園・戦没船員の碑

 

海に眠る戦没・殉職船員の御霊の前で恒久の平和と安全を誓う

 

安らかにねむれ わが友よ
波静かなれ とこしえに

 

 

晴天に恵まれた5月15日、神奈川県横須賀市の観音崎公園内の「戦没船員の碑」前で、日本殉職船員顕彰会(朝倉次郎会長)主催の第49回戦没・殉職船員追悼式がしめやかに執り行われた。戦没船員の碑には、先の大戦で犠牲となった戦没船員6万643人と、海難などにより殉職された船員2千971人の尊い御霊が眠っている。

 

今年で「戦没船員の碑」建立から49周年となるこの追悼式に、戦没船員の遺族や海事関係者ら500人が参列した。本組合からは森田保己組合長をはじめ多数の執行部と職場委員が、また全国海友婦人会から酒井智代子会長が参列し、海で戦没・殉職した船員の鎮魂と平和を祈った。
午前11時から始められた追悼式は、日本殉職船員顕彰会の岡本永興常務理事の進行で、国歌斉唱に続き、戦没船員と殉職船員の名簿が奉安され、「安らかにねむれ わが友よ 波静かなれ とこしえに」と刻まれた碑文石の前で1分間の黙とうを捧げた。

 

海洋国家日本の平和と安全を誓う

主催者を代表して、朝倉会長は「熾烈を極めた先の大戦において、祖国を思い、家族を案じつつ、戦禍に斃れた舟人、海難などにより殉職された舟人、いまその御前にあって、御霊安らかなれと、心よりお祈り申し上げます。終戦から74年、幾多の困難を克服し、海洋国家日本としての、今日の平和と繁栄が、志半ばで海に散った戦没船員と、わが国の復興を支えた、海運・水産業で、不幸にしてその職に殉じられた船員の尊い犠牲のうえに築かれたものであることを、私たちは決して忘れてはなりません。衷心より敬意と感謝の念を捧げます」と式辞を述べた。続いて安倍晋三内閣総理大臣の追悼の辞が代読された後、海上自衛隊横須賀音楽隊による「鎮魂曲」の奏楽の中、参列者全員が白菊を献花した。最後に特設ステージで、能楽「海霊」が奉納された。

 

 

 

献花し祈りを捧げる森田保己組合長と
酒井智代子全国海友婦人会会長

戦没船員の碑の前で黙とう

能楽「海霊」の奉納

戦没船員の碑(祭壇)全景

2019年01月15日

千葉県へ海運・船員の政策諸課題に関する申し入れ ―森田健作千葉県知事へ―

千葉県へ海運・船員の政策諸課題に関する申し入れ―森田健作千葉県知事へ―

 

森田健作千葉県知事と大山浩邦関東地方支部長が意見交換―第79回定期全国大会決定事項に基づく申し入れ

 

海運・船員の政策諸課題に関する申し入れ(4項目)
①船員の確保・育成について
②海に親しむ活動の推進について
③「久里浜―金谷」航路の存続について
④船員税制確立への取り組みについて

 

12月26日、森田健作千葉県知事に対して、第79回定期全国大会決定事項に基づく申し入れを全国海友婦人会関東・新潟ブロックと連名で行った。申し入れには、本組合政治参与の吉本充千葉県議会議長に同行いただいた。
申し入れでは冒頭、大山浩邦関東地方支部長から①船員の確保・育成について②海に親しむ活動の推進について③「久里浜―金谷」航路の存続について④船員税制確立への取り組みについての4点に関し、具体的な要請を行った。 
吉本充組合政治参与(千葉県議会議長)からは「久里浜―金谷」航路は産業・生活航路として必要不可欠であり、現在千葉県が実施している航路支援策の継続を要請した。
そして早川映一東京湾フェリー職場委員からは、同航路の存続支援を強く求めるとともに、大規模自然災害時にフェリーの果たす役割について訴えた。
森田健作千葉県知事からは、千葉県に根ざした「久里浜―金谷」航路に関して、同航路は非常に大切な航路であり、現在実施している支援策の継続など、東京湾アクアラインとの共存共栄に向けて千葉県も努力していくとの見解が示されたのち、意見交換を行い、相互理解を深めて申し入れを終了した。

 

 

 

森田健作千葉県知事(右から2人目)へ申し入れ文書を手渡す大山浩邦関東地方支部長

写真左から吉本充組合政治参与(千葉県議会議長)、森田健作千葉県知事、大山浩邦関東地方支部長、
井上祐介関東地方支部副支部長、早川映一東京湾フェリー職場委員

2019年01月05日

活動方針の具現化に向けてまい進!

全国大会の決定事項を全国海友婦人会と共同申し入れ

 

守るぞ平和な海 築くぞ魅力ある労働環境 育てるぞ未来を担う後継者

 

組合は第79回定期全国大会で決定した政策諸課題について、森田保己組合長と酒井智代子全国海友婦人会会長をはじめ常任役員、各社職場委員が参加し、関係省庁・各政党に対し12月10日から26日にかけて申し入れを行なった。
申し入れでは、定期全国大会を通じて決定された新たな活動方針にもとづく政策課題について、海事振興連盟をはじめ、防衛省・内閣府総合海洋政策本部・国土交通省・農林水産省・総務省・文部科学省、自由民主党、公明党、国民民主党、立憲民主党の代表宛てに、要望項目を網羅した申し入れ文書を手渡すとともに、個別の課題について重点的に説明し、要請を行った。

 

「申し入れの概要」

各省庁と各政党への申し入れでは、森田保己組合長を筆頭に、全国海友婦人会の酒井智代子会長と外航・水産・国内の各部門の職場委員が同行し、定期全国大会で決定された活動方針や決議のほか、洋上で働く現場組合員のため、家族や現場の立場で、切実な思いを訴えた。
各省庁・各政党に対する申し入れは各代表者・対応者に「海運・船員の政策諸課題に関する申し入れ」として、大会決定事項にもとづく項目を内容とする要請文書を手渡し、個別の課題について重点的に説明を行った後、意見交換を行った。
項目別における質問などについては詳細な説明を行い、理解を深めていただくよう努め、同席した外航・水産・国内部門の各職場委員からは、乗船時の体験にもとづく現場の想いを披歴し、船員に関する政策の必要性・重要性を説明した。

 

 

 

右から5人目が衛藤征士郎海事振興連盟会長、左隣が申し入れ文書を手渡す森田保己組合長

右から5人目が岩屋毅防衛大臣、右隣が衛藤征士郎衆議院議員、左隣が申し入れ文書を手渡す森田保己組合長

左から5人目が宮腰光寛内閣府特命担当大臣、右隣が衛藤征士郎衆議院議員、左隣が申し入れ文書を手渡す森田保己組合長

右から5人目が塚田一郎国土交通副大臣、右から3人目が衛藤征士郎衆議院議員、左から5人目が申し入れ文書を手渡す森田保己組合長

右から5人目が髙鳥修一農林水産副大臣、右隣が衛藤征士郎衆議院議員、左隣が申し入れ文書を手渡す森田保己組合長

右から5人目が浮島とも子文部科学副大臣、右から3人目が衛藤征士郎衆議院議員、
浮島とも子文部科学副大臣の左隣が申し入れ文書を手渡す森田保己組合長

左から4人目が佐藤ゆかり総務副大臣、右隣が申し入れ文書を手渡す森田保己組合長

右から5人目が岸田文雄自由民主党政務調査会長、右隣が衛藤征士郎衆議院議員、左隣が申し入れ文書を手渡す森田保己組合長

左から4人目が伊藤渉公明党幹事長代理、右隣が申し入れ文書を手渡す森田保己組合長

左から5人目が枝野幸男立憲民主党代表、左隣が逢坂誠二政務調査会会長代行、
右から5人目が池田真紀衆議院議員、枝野幸男代表の右隣が申し入れ文書を手渡す森田保己組合長

右から6人目が玉木雄一郎国民民主党代表、右隣に大塚耕平参議院議員、小宮山泰子衆議院議員、
小林正夫参議院議員、玉木雄一郎代表の左隣が申し入れ文書を手渡す森田保己組合長

このページのTOPへ